ピッチャーの腰痛

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
予約優先となります。

ぺージタイトル画像

ピッチャーの腰痛

各症状について

2019/08/26 ピッチャーの腰痛

中学生 男の子

野球部のピッチャーで

ピッチングをする際に、

腰が痛いという事で来院されました。

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

 

 

 

痛みの場所は腰椎4番、5番の高さ、少し左側

足を踏み出し、体重移動し腰部を回旋させる時に

痛みが出るとの事。

 

まずは立位からの可動域のチェックをします。

腰部伸展時(腰を反る動作)に痛みがあり

屈曲時(おじぎをする動作)は痛みがないものの股関節がかなり硬く

手が床から20cmは離れています。

 

さらに骨盤が後傾し背中が丸くなっています。

このままでは、下半身の力が上半身に伝わらず

手投げになり肩や肘も痛みがでる可能性が高いです。

 

治療はまず

股関節の硬さを取るようにしていきます。

特にふとももの裏側のハムストリングスと腹筋をストレッチします。

腹筋とハムストリングスが緩めば

骨盤が立ちやすくなります。

 

そして骨盤の立つ感覚と下半身の筋力を上げる為に

フロントランジを練習前のアップでするように指導しました。

 

お父さんと一緒に来院されて

お父さんの話を聞いていくと

この子の野球部の練習は走り込みや基礎体力を作る

練習がほとんどなく、

単調なピッチング練習やバッティング練習をするそうです。

練習内容は監督さんの方針や考え方があるので

とやかく言えませんが、ピッチングは下半身が大事です。

下半身に力がないと踏ん張りが効かず

ボールに力が伝わらないだけでなく

制球力も定まりません。

 

中学生でも下半身の筋トレや走り込みはとても重要です。

 

しかし今の時期の走り込みは

熱中症の危険性もあります。

 

そこでお勧めは

筋トレです。

 

短時間で筋力はつきますし

熱中症の心配も走り込み程はないでしょう!

 

野球だけでなく、下半身の強化はとても重要です。

競技のパフォーマンスを上げる為のトレーニングもやっています。

 

何をやって良いか悩んでいる方、お気軽にご相談ください。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP