腰痛の原因と改善

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
予約優先となります。

ぺージタイトル画像

腰痛の原因と改善

各症状について

2019/01/29 腰痛の原因と改善

50代男性

2時間ほど座ったまま過ごす事が数日続き

立ち上がる際に腰に痛みが出るという事で来院されました。

 

「腰痛」の画像検索結果

座っている時間が長ければ長いほど立ち上がる際に痛みがあり

すぐに腰を伸ばせず事ができないそうです。

お辞儀(前屈時)に痛みはなく、後屈(後ろに反る)時に痛みがあります。

また休みの日にランニングをするそうですが、

走っている時にも腰に痛みが出るようです。

 

まず立位(立っている時)、座位(椅子に座っている時)の姿勢を診ていきます。

立ち上がる際に痛みがある方は、腰より股関節側に原因がある事が多く

この方も腸腰筋(ちょうようきん)という股関節の筋肉が原因でした。

腸腰筋というのは腸骨筋と大腰筋の2つからなり

腰椎の前側についています。

腸腰筋が働くと股関節が曲がり膝を外に向けます(屈曲、外旋)。

 

座っていると股関節が曲がったまま、そこで姿勢を正そうとすると

腸腰筋が収縮します。

その状態が長く続くと筋肉が固まり、

立ち上がる際に本来は伸びてまっすぐ立てるはずが

腰が曲がったような立ち方になります。

分かりやすく言えばおしっこを我慢している時の姿勢です。

 

治療は

腰椎5番と仙骨の間の筋肉が緊張しているのでそれを緩め

大腿前面の筋肉を伸ばし骨盤の前傾を取っていきます。

骨盤が前傾すると腰椎の前弯がきつくなるので

脚からの衝撃が分散できずに痛みがでてしまいます。

ランニング時に痛いのはこの為です。

次に

少し長めの鍼で腰部から腸腰筋を狙って刺していきます。

腸腰筋は内臓より深部にある為、なかなか緩みにくいですが

鍼をすれば緩めることも可能です。

 

最後に背筋に対し腹筋が弱いので腹筋を指導しました。

腹筋運動は自宅でやってもらいます。

 

1週間後、もう一度来院してもらうと痛みはほぼ消えて

立ち上がりもスムーズに行えるという事でした。

 

男性で筋肉質の方は今回の様な事がおこりやすいです。

背筋や臀筋が強く腹筋は弱いので骨盤が前傾しやすく

腰部に負担がかかりやすくなっています。

場合によっては立ち上がった際にぎっくり腰になる可能性

も高いです。

 

気になる方はぜひご来院ください。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP