ぎっくり腰 痛みの原因【腰椎前弯消失】

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

ぎっくり腰 痛みの原因【腰椎前弯消失】

各症状について

2018/12/06 ぎっくり腰 痛みの原因【腰椎前弯消失】

30代 女性 ぎっくり腰

仕事柄立ち仕事で小さいお子様を育児中。

仕事と家事を両立していたところ

腰に痛みが出てきたようです。

腰に痛みが出る事は何回かあるそうで

その時は2日程我慢していたら治まってくるみたいです。

今回は我慢しても痛みが治まらずひどくなってきたので来院されました。

 

状態は

前屈が怖さと痛みで20度ほどしか曲げられず

回旋は少しできるものの痛みはでます。

後屈も痛みがでています。

痛みがあるポイントは腰椎5番の左側

骨盤は立って腰椎前弯が消失していました。

img_5594

腰椎の前弯が消失すると腰の「しなり」(バネ)がなくなり

上半身の重みを腰の筋肉で支える事になります。

また足からの衝撃(階段を降りる時や走る時)が分散されずに

腰に直接響きます。

これらが重なり痛みがでています。

 

この方、女性の中では背が高く仕事は前かがみという

生活習慣からこのような骨盤の位置になったと思われます。

 

治療は

骨盤を前傾させて腰椎の前弯を作りたいところですが

痛みが強いので無理に動かす事ができません。

まずは上半身を支え続けた腰部と臀部の筋肉が非常に硬くなっているので

それを取っていきます。

腰方形筋、腹斜筋、脊柱起立筋の緊張をとり動かしてもらうと

寝返り時の痛みはとれました。

痛みが軽くなったので股関節を動かしながら

骨盤を前傾させていきます。

 

最後に起き上がってもらい動作を確認すると

前屈が60度ぐらいできるようになりました。

回旋時の痛みは消えています。

あと2~3回の治療で痛みは取れていくでしょう!!

 

 

ぎっくり腰は年末から冬の寒い時期に起こりやすくなります。

当院に来院される方も先週から今週にかけて

ぎっくり腰もしくはぎっくり腰になりそうな痛みを訴える方が

増えています。

皆様お気をつけて!!

 

もし痛みがでてお困りの方はご相談ください。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP