O脚からくる腰痛【鍼治療】

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

O脚からくる腰痛【鍼治療】

各症状について

2018/11/07 O脚からくる腰痛【鍼治療】

70代 女性

1日中立ち仕事で立っている時間が長いと腰に痛みがでて

さらに下り坂を歩くと痛みが強くなるという事で来院されました。

椅子から立ち上がる際や腰を反らすと痛みが誘発されます。

診ていくと

まず腰椎の可動域が狭くなり腰が曲がらない状態です。

お辞儀をしてもらうと股関節は柔らかいので手は地面につきますが

骨盤を固定し同じように動いてもらうと前屈できません。

また膝が変形しO脚になっています。

膝にも痛みがあるようで痛みがあるときは

膝に注射をされるそうです。

 

以上の事から腰痛の原因は腸腰筋にあると判断できます。

腸腰筋というのは腰椎の前面から大腿骨の小転子につく筋肉で、

膝を挙げる動作や腰を反らす時に働く筋肉です。

「腸腰筋」の画像検索結果

この筋肉の作用は股関節の

屈曲、外転、外旋です。

膝がO脚になっているので歩行時に

膝が外側を向いて足を出すようになります。

また膝を曲げると痛みが出るので極力膝を曲げず

股関節の動きだけで足を出しています。

このような歩き方になる事で腸腰筋が常に働くようになり

次第に筋肉が硬くなり伸びなくなることで痛みが出ています。

 

治療はまず

6種類ある股関節外旋筋の緊張を取っていきます。

O脚になるとがり股になるのでこの筋肉が非常に硬くなっています。

次に腸腰筋を狙っていきますが深層にあり手で押さえる事ができない為

鍼を使います。

使う鍼は3寸5番鍼で太めの長い鍼を使います。

背中側から刺入していくと腸腰筋にあたる所で

鍼から手応えを感じます。

img_53491

感じたところで抜き差しを繰り返し

手応えが消えるまで刺激を送ります。

こうすることで緊張はかなりほぐれて

可動域は広がっていきます。

この部分の治療は深く刺すので

治療後は若干重くなりますが、数時間すれば楽になっていきます。

 

長い鍼というだけでびっくりする方も多いですが

痛みがある人は非常に効果的です。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP