なで肩による肩の痛み

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

なで肩による肩の痛み

各症状について

2018/10/01 なで肩による肩の痛み

 

30代 女性

仕事上、本を運ぶ事が1か月に一回あるようで

そのたびに首、肩に痛みが出てしまい

その痛みがかなりひどくなり来院されました。

来院時は痛みがひどく

肩を挙げると90度以上挙がらない

首を回せない

寝ると鎖骨の下が痛い

という症状でした。

動くたびに辛そうでかなり痛みがある様子です。

 

痛みの原因は

なで肩の状態で本を反復して運んだため

僧帽筋が負傷し首に痛みを起こし

腕の力がないので首をすくめたように力を入れたため

肩甲挙筋、棘上筋を負傷し肩甲骨に痛みを起こし

斜角筋、胸鎖乳突筋が緊張し鎖骨の下に痛みがでていると

考えられます。

「なで肩 イラスト」の画像検索結果

 

 

こういう痛みは時間がかかります。

まず大きい筋肉から治療をおこないます。

僧帽筋の緊張をとりなで肩になっていかないように

肩甲骨周囲を伸ばしていきます。

これで首が動くようになり

次に

肩甲挙筋、棘上筋の治療をおこないます。

棘上筋はインピンジメントが起こっているので

アイシングを加えながら痛みを取っていきました。

これで腕は挙がるようになり

押さえたりしない限りは鎖骨の下の痛みもなくなりました。

 

ここまでで約2か月ほど治療期間はかかっています。

痛みが取れても筋肉が強くならない限り

同じような症状がでてくるので

トレーニングを始めました。

最初はトレーニングをするとまた痛くなるのでは?と

恐れていましたが、正しいフォームで

適正な負荷を設定することで痛みがひどくなることは無く

治療とトレーニングを併用してやってもらっています。

 

トレーニングを無理に進める事はありません。

ただ症状をとっても筋力が弱い事で同じ痛みを味わうなら

トレーニングをする方が良いでしょう!!

 

痛みがある時だけ治療して治ったら日常に戻る

痛みを2度と味わいたくないので筋力を上げる為にトレーニングをしていく。

考え方はそれぞれです。

ただトレーニングをすると達成感や

身体が変化すると楽しくなってきます。

一度お試しあれ!!

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP