投げすぎによる肩、肘の痛み

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

投げすぎによる肩、肘の痛み

鍼灸について

2018/03/13 投げすぎによる肩、肘の痛み

高校生

 

野球部でポジションはピッチャー

 

土日の練習試合で連日70~80球を投げたところ

 

二日目に肩と肘に痛みがでて腕が振れないとのこと

 

「肩の痛み 野球」の画像検索結果

 

肩の可動域から見ていくと

 

肩関節の動きが硬く

 

手を挙げて180度が正常なところが160から170度しか挙がらず

 

手を背中に回すと痛みが強くなる様子

 

力は入るので腱板損傷はなく

 

大円筋、小円筋、三角筋後部の

 

「肩の痛み 野球」の画像検索結果

過緊張からくる痛みでした。

 

続いて肘の方は

 

上腕骨内側上顆に腫れと圧痛があり

 

肘内側から前腕内側に痺れのような痛みが少しあるとのこと

 

内側上顆炎といって俗に言う野球肘でした。

 

治療は

 

肩は可動域が少し狭くなっているので

 

肩甲骨を取りかこんでいる筋肉を中心に

 

緊張を取り除いていきます。

 

その後肩甲肋骨間と小円筋、大円筋、棘下筋を

 

しっかり伸ばすと可動域は広がり

 

肩が軽くなったと自覚できるようになりました。

 

肘の治療は

 

RICE処置でしっかり冷やし

 

前腕屈筋群、回内筋の緊張をとりましたが

 

シャドーピッチングをするとまだ痛みがあるので

 

鍼を肩から上肢にかけて打ったところ

 

シャドーピッチングでの痛みは消えました。

 

念のため2日は投球をやめてもらい

 

テーピングを貼って治療は終わりました。

 

 

学生は3年間の短い期間でレギュラーを取る為に必死で練習

 

その期間のなかで怪我をしてしまうと思ったように練習ができなくなり

 

試合にも間に合わないという事になってしまいます。

 

出来るだけ短期間で治し、練習に復帰できるように心がけています。

 

もうすぐ春の選抜、

野球部以外でも新チームでの練習や試合などあると思います。

悔いのないよう練習して試合に励んでください。

痛みが出たら早めの治療で自分の力を出していける様にしていきましょう。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP