転倒後の痛み

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

転倒後の痛み

各症状について

2018/12/21 転倒後の痛み

70代 女性

1週間ほど前に脚立から転倒

骨粗鬆症を患っているので病院で診察を受けたところ

骨折はしていたいとの事です。

病院から処方された湿布を貼って様子を診ていたが

痛みがあるので当院に来院されました。

 

どのように転倒したかお聞きしたところ

木の枝を引っ張るように力をいれたら

脚立が後ろに滑り、腹這いになって転倒したそうです。

幸い、腹這いで転倒したので強く打っている所はありません。

 

打撲よりひどいのが腰の痛みがかなり強くでています。

この方、背骨の変形がすすんでおり

背中が丸く円背(えんぱい)になっています。

その状態で、腹這いでこけたので

背骨が強く反らされた(伸展強制)事になります。

通常の人からすると海老固めをされたような感じです。

 

img_56691

(ウィキペディアより)

 

 

痛みは背部から右肩、腋の下あたりにでています。

筋肉でいうと、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

広背筋(こうはいきん)、大円筋(だいえんきん)、棘下筋(きょっかきん)

に痛みがでています。

おそらく地面にあたる時に腕か肩をついたと思われます。

そして一番の痛みは胸腰椎移行部(きょうようついいこうぶ)の

胸椎12番、腰椎1番のあたりに痛みがでています。

起床時や起き上がる際に激痛がでています。

 

胸腰椎移行部と言うのは

胸椎の回旋運動と腰椎の前後運動に挟まれている場所で

伸展時に負荷がかかりやすい場所です。

 

治療は、まず肩から背中の痛みを取っていきます。

打撲した様子がないので

転倒した衝撃で筋性防御がかかりそれが緩んでいない状態なので

それをほぐしていきます。

次に背中にかかる負担を減らす為に

肩甲肋骨関節を伸ばして行きます。

「肩甲骨はがし」といわれているものです。

これをすると肩甲骨が背中に引き寄せやすくなり

胸腰椎移行部の負担が減ります。

 

最後に胸腰椎部のストレッチをして終わりました。

 

この方は自宅で親の介護をされており、

車いすからベッドへの移動

衣服の着せ替えなどをされているので

治療はしばらくかかるでしょう。

 

1回目の治療を受けた後は車いすからベッドの移動は

スムーズに介助することができたようです。

 

やはり起床時の痛みが一番つらくなかなか起き上がれないので

それが治るまで治療は続けたいと思います。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP