内転筋の痛み【ランナー】

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

内転筋の痛み【ランナー】

各症状について

2018/08/01 内転筋の痛み【ランナー】

マラソンは冬のスポーツですが、この暑い時期に練習できるかで

結果は変わります。

かといって頑張りすぎると熱中症の危険が伴います。

気をつけて練習に励んでください!!

 

さてこの猛暑にかかわらずハーフマラソンを走られた強者が来院されました。

冬のレースではずっと結果を出されている方で夏場の練習も頑張られています。

そんな中、ハーフマラソンに出場されたそうですが、

走っている最中から太腿の内側に痛みが出てきたそうです。

無事に完走されて数日たったが突っ張り感は残るとの事でした。

 

太ももの内側は内転筋があり、

「内転筋」の画像検索結果

走る・歩く時に足を入れかえる時に働きます。

日常で歩くときに痛める方はほとんどいないですが。

いつもより歩幅を広くして歩く(走る)

いつもより早いペースで歩く(走る)

地面が硬い場所(アスファルトや石畳など)で歩く(走る)

などで痛みが出てきます。

 

普段は長距離ペースで走っている方が

短距離ペースで走ったり

心肺トレーニングで

インターバル走やビルドアップ走などをする時に痛めやすいです。

 

今回、来院された患者様も

ハーフなのでペースが上がった

石畳(タイル張り)のような硬い路面

若干、脱水の症状があった

という理由により内転筋に痛みがでたと思われます。

幸い軽症で済んだので練習を休むこともなかったですが

内転筋のストレッチをこまめにするようにお伝えしました。

 

自分の能力を上げるにはしっかり追い込む必要があり

いつもと違った刺激をいれることも大事です。

ですがそういう時に痛みや、怪我が起こりますので

しっかり準備運動と水分補給はしていきましょう。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP