【足の甲の痛み】リスフラン関節

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

ぺージタイトル画像

【足の甲の痛み】リスフラン関節

各症状について

2018/07/23 【足の甲の痛み】リスフラン関節

仕事で履く安全靴

足を守る為につま先や足底が硬くなって重い物が当たっても

怪我をしないように作られています。

しかし、外部からの衝撃は強いけど

自分の足にかかる負担は普通の靴に比べ大きいです。

 

50歳男性

捻挫した覚えがないのに、足の甲が腫れて痛むそうで

心当たりはないと言われていました。

患部を診ていくと

確かに腫れて圧痛もあります。

足の甲に腫れがあり足を回内方向に動かしていくと痛みが強く出ます。

この部分はリスフラン関節といい

足の指と足根部をつなぐ関節です。

 

「リスフラン関節炎」の画像検索結果

 

ここの痛みが出るのは

歩き過ぎ

走り過ぎ

硬い靴を履いた

足底筋(土踏まずの筋肉)が硬くなっている

などの理由が挙げられます。

 

この方の場合は

仕事で安全靴を履くという事

日課のジムに最近行けていないという事

からリスフラン関節に負担がかかり炎症が起きたと思われます。

 

治療はまずはアイシングを行い

超音波をリスフラン関節の圧痛がある部分にあてながら

前脛骨筋にハイボルテージを流していきます。

足底部の内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチを作るため

下腿三頭筋、足底筋、虫様筋などをおさえて

足底のアーチの機能を取り戻します。

自宅で出来る足底のケアをお伝えして終わりました。

 

転倒したり、捻ったり、打ったりすると誰でも心当たりがあると思いますが

足底部は自分で気づかないうちに捻りが生じている場合があります。

心当たりのある方は是非ご相談ください。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP