腰痛と足の痺れ

ふくもと鍼灸整骨院

079-297-7677

〒670-0028 兵庫県姫路市岩端町95 城西ハイツ1F

【診療時間】月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
予約優先となります。

ぺージタイトル画像

腰痛と足の痺れ

各症状について

2018/05/24 腰痛と足の痺れ

日差しが徐々に強くなり、

雨も時々振ってくると花がきれいに咲いてきます。

花が咲くということは草も伸びてくるわけで、

草引きや草刈りをされている方もおおいのではないでしょうか?

 

80代 男性

現役時代は家具の卸の仕事をされていたみたいで、

今も時々仕事で重い物を持つ機会があり、

数日前に庭の草刈りをしていたら翌日に腰から右足にかけて痛みと痺れが出てきたとの事です。

 

歩くのも辛そうで右足を引きずるように歩かれています。

前屈や後屈でも痛みはあまりなく足を上げると痛みが強くでます。

長年の力仕事で脊柱起立筋が非常に硬くなり腰椎の動きが悪くなっています。

腰椎の動きとは主に前後方向の動きで、

お辞儀をする動作をすると腰椎は動きます。

img_4760

(背骨が動き、背中がまるくなります)

 

腰椎の動きが硬い方はお辞儀をした時に股関節の動きだけでしてしまうので

太ももの裏側のハムストリングスが張ってきやすいです。

img_4758

(背骨の動きが悪く背中を丸めることができない)

 

こういう方は腸腰筋、脊柱起立筋が硬くなり筋肉が伸びず、

腹筋、ハムストリングスが弱い傾向にあります。

 

治療は脊柱起立筋の緊張を取る事をしっかり行います。

骨盤と腰椎のストレッチを加えると可動域は広がり

臀筋、特に梨状筋の緊張をとれば下肢の痛み、痺れはとれます。

 

一回目の治療で歩くのがだいぶ楽になったようですが

足の引きずる感じはまだ少し残っているのであと数回の治療は必要でしょう。

 

普段あまりしないことをすると使っていない筋肉や弱っている筋肉を使います。

その為痛みやしびれがでやすくなります。

また若い時に力仕事をしていた方は

年齢を重ねると筋肉が硬くなり柔軟性がなくなってしまいます。

そうなると余計に痛みもでやすくなります。

 

痛みがなかなかとれない

若いころは何ともなかったのに最近すぐ痛みがでる

といった方は筋肉が硬くなっている証拠です。

できるだけ早く治療をしていく方がいいでしょう!

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ふくもと鍼灸整骨院

【住所】
〒670-0028
兵庫県姫路市岩端町95
城西ハイツ1F

【電話番号】
079-297-7677

【診療時間】
月~金曜日/9:00~13:00 15:00~20:00(自費治療は14:00より受付)
土曜日/9:00~13:00(14:00~15:00は体操教室)
午後の診療は予約優先となっています。

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP